健康食品の選び方 > 眼精疲労にいい薬って?

眼精疲労にいい薬って?

眼精疲労(眼の使いすぎだけでなく、ストレスが原因になることもあります)に良い薬は、目に良い、眼精疲労(眼の使いすぎだけでなく、ストレスが原因になることもあります)に効果のあるといった効能をうたっている総合ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)剤などがあります。

ビタミンB群を中心としたビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)剤がいいのかもしれないですね。

こういった、眼精疲労に効くとされているビタミン剤には、眼精疲労(眼の病気が原因のこともあるでしょう)の症状緩和の効用が期待出来るのです。

ビタミンEも配合されているので、血液循環(心臓から出た血液が動脈を通って体を巡り、静脈を通ってまた心臓に戻ってくることをいいます)を改善する作用もあり、肩こり(頭痛や?痛などを伴うことも珍しくありません。 肩だけでなく首や背中がこっていることも多いです)や首のコリが和らぐと呼ねれているんです。

あとは、眼精疲労に効果があるとされている漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)もあります。

漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)は、その人の症状により処方が畭なるのですので、必ず漢方の専門医(より高度な知識と技術を兼ね備えているでしょう)にじっくりと相談をしてから処方をしてもらうと良いでしょう。

同じ漢方薬でも、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)によっては効き方が全く畭なってきますし、全身の健康状態を考慮して服用をしないと効き目は期待できません。

それに、根本的に眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)を治すとなると、やはり生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)の改善から取り組む必要があるといわれているのです。

眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)を引き起してしまうような事を避けて、ビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)配合のビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)剤などで症状を軽減するようにして、快適な生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送りてください。