健康食品の選び方 > 市販の水虫薬より皮膚科の受診

市販の水虫薬より皮膚科の受診

ドラッグストアに行けば、水虫薬も市販されていますが、やはり皮膚科の受診をお勧めします。
皮膚科で受診することにより、人それぞれの症状に合った治療方法が用いられますが、ドラッグストアの薬ではそうはいかないからです。
水虫と言っても数々の種類が存在しますが、原因はどれも白癬菌が感染・繁殖したことにあるため、いくつもの種類の薬を使う必要はないのです。
昔とは違って安全性がわかったものもあり、薬局でも強めの薬を置いているところが増えています。
皮膚科で受診する時間がどうしても作れないのであれば、ドラッグストアで入手できる薬を用いるといいでしょう。
けれども、爪に感染してしまうと、外用薬だけで治療を続けるのは非効率なので、皮膚科に行って内服薬の処方を受け方がいいでしょう。
ドラッグストアにある外用薬というのは塗って使うものがほとんどで、患部に塗って使用することになります。
基本的に一日一回もしくは二回塗るのが多いのですが、お風呂から上がってきたときなど柔らかい皮膚の状態で塗りつけると効き目がアップします。
薬の塗り方で気をつけたいのは、患部だけにつけるのではなく、その周りの部分にも塗ることです。
患部のあたりというのは、現在症状が見られないだけで、水虫の要因となる金が存在している恐れがあるので、症状があらわれていない場所もカバーすることが重要です。
ドラッグストアにはいろいろな種類の水虫薬を目にしますが、自分が長く続けられるものを見つけるようにしましょう。