健康食品の選び方 > 栄養補助食品とは

栄養補助食品とは

栄養補助食品で確保することができるのが、普段の食事だけでは不足気味な栄養成分です。一般的にサプリメントという名称が日本国内では使われていて、アメリカではダイエタリーサプリメントと言われています。錠剤やカプセル型が多いために薬と混同されがちですが、法律では食品に分類されます。確実な効果を薬は治療や予防に対して持ち、体に強い影響を同時に及ぼすといいます。明示されているのは効能や効果ですが、無視できないのが副作用の可能性です。反対に栄養補助食品が目的としているのは、健康の保持や増進です。決して期待できないのは直接的な病気の予防や治療効果ですが、負担が体にかかることは心配しなくても良いでしょう。ほとんど栄養補助食品はカロリーがないため、きちんと必要な栄養素だけを取り入れることが可能です。同時にある程度のカロリーも摂取せざるをえないのが、食事から栄養成分を摂取する場合です。栄養補助食品はカロリーを摂取せずに栄養素を補給できるため、必要な分だけ今体が必要としている栄養素をきちんと摂取できるのです。栄養補助食品は、食品と医薬品の中間にあるものだといえるのではないでしょうか。栄養補助食品は、吸収効率を高めるなど相性がいい成分同士を配合したもの、複数の栄養素を効率よく摂取できるようミックスしたもの、1つの栄養素だけを含むものなどがその種類としてあげられるでしょう。