健康食品の選び方 > 健康食品の成分と分類について

健康食品の成分と分類について

健康食品として販売されているものの種類はびっくりするほど豊富です。法律では食品扱いの健康食品は、健康食品そのものの規定がきちんとしていません。食品なので特定の効果や効能をパッケージに記載することはできません。健康食品として販売する上では認可がいらないので、どんな内容のものでも健康食品として販売可能です。口に入るものなら、それがごくありふれた野菜や果物だとしても、健康にいいから健康食品とアピールしても構いません。一般的な健康食品は何らか栄養成分を抽出し、錠剤やカプセル、顆粒などの形状に加工した食品として販売されています。大まかに健康食品を見た場合、どのような栄養素が含まれているかで種類分けができます。主成分は何かという種類分けをすると、アミノ酸系、ビタミン系、ミネラル系などがあります。原材料で植物由来、動物由来で分けることもできます。昔から人々の間で、民間伝承的に言い伝えられてきた健康に良いとされる成分や、大学などの研究機関が実験や調査によって明らかにされた健康維持に役立つ成分などが健康食品として製品化されています。健康食品に含まれている成分だけでなく、毎日の栄養補給のために摂取するものと、目的に応じた成分を摂取するためのものという、利用目的による種類分けも成り立ちます。健康食品の種類は幅広く、数え切れないほど店頭に並んでいます。しっかりと情報収集して、自分の体に適した種類の健康食品を見つけていただきたいものです。