健康食品の選び方 > 健康食品の分類について

健康食品の分類について

健康食品には幾つかの種類がありますが、いずれも健康促進を目的にした食品を指します。日本では薬事法と食品衛生法により、全ての口に入るものは医薬品か食品のどちらに分類されます。その中で、食品として健康食品は見なされています。ただし、2001年に厚生労働省が保健機能食品制度を作り、食品と見なされていたものが部分的に保健機能食品になりました。栄養機能食品か特定保健用食品のいずれかに、保健機能食品ば分けて考えられています。健康を保つためや健康状態をアップすることが、特定保健用食品の目的です。一定の基準に従って製造されたものを、審査を受けて認定された健康食品です。一方、ビタミン12種類とミネラル5種類を含む食品が栄養機能食品です。審査や認可がないという点で特定保健用食品とは異なります。条件に達していれば栄養機能食品に分類されることになります。市場に出回っている健康食品の中には、保健機能食品の種類には該当しないというものもたくさんあります。それらは、いわゆる健康食品と呼ばれいます。サプリメントや健康ドリンクなど、法では食品というカテゴリに入っていても、健康食品と見なされて販売されているような種類は色々あると考えていいでしょう。