健康食品の選び方 > 健康食品で健康を損なわないために

健康食品で健康を損なわないために

健康食品による健康被害というのを耳にしたことはあるでしょうか。体のためにとせっかく健康食品を使い始めても、適切でない商品を使ったり、間違えた飲み方をしてしまうことがあります。健康食品のせいで起きる体への悪影響にはいくつかの例が存在します。保健機能食品のマークはないけれど健康食品である、という商品もいくつもあります。健康上に問題のある効果があった健康食品の中で、保健機能食品以外の症例は何でしょう。健康食品として売られている商品によって起きる健康被害は、体質に合わないなどで副作用が起きることがあるようです。人によっては、親しい知り合いが愛用していたりパッケージが気に入ったなどの理由で使い始め、体に合わなかったということもあります。定められた量をオーバーした飲み方をして、弊害が出てしまったこともあります。消費者側に要因があるケースもあるので、健康被害の報告例は実際数多くあります。健康食品を個人輸入で購入した場合は、日本で認可の下りていない成分によって健康被害を受けてしまうこともあり、社会問題となっています。健康のために使う健康食品ですが、それらが原因となって健康被害が出たという例は少なくありません。今後健康食品における健康被害をなくすためには、安全な素材を利用することを前提に、情報を伝える側の注意喚起はもちろんのこと、消費者の十分な注意も欠かせないといえるでしょう。