健康食品の選び方 > 協議離婚の証人とは?

協議離婚の証人とは?

協議離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)の証人とは、なんなのでしょう。

まず、協議離婚をする事できに、離婚届けを提出する際には2人の証人の署名・捺印が必要になってきます。

満20歳以上で、協議離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)の意思を確認することができる成人であることが証人になれる条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)となります。

証人になってもらう人については、貴方の両親であったり、友人、知人、兄弟姉妹などを証人にとすることが多いようです。

第三者的な立場で、離婚する事実を証明するために証人になってもらうので、借金の保証人(一般的には身元を保証する人、民法では保証債務を負う人のことです)などとは違って法的な責任はないですよね。

ただし、当事者が離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)に合意していないのをわかっていながら、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)届の証人になった場合は、虚偽の証人として法的責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)が問われる可能性もあるでしょう。

同じ離婚でも、調停離婚や審判離婚、和解離婚(一度成立した婚姻を解消することです)や裁判離婚の場合、どれも離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)届は必要となるのですが、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)が成立したことを報告しますのでに提出させる為のもので、証人は必要ありません。

諸事情で、証人を頼む方がいなかったり、家族や友達に依頼するのに抵抗があると言った場合、証人代行サービスをしている企業(会社ともいわれます。 営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)がありますので、問いあわせてみましょう