健康食品の選び方 > 気象大学校学生ってどんな資格?就職先は?

気象大学校学生ってどんな資格?就職先は?

「気象大学校学生」と言った資格があることを御存知ですか?この資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は、「学生」と言う名称であるにもかかわらず、実は立派な国家公務員(特別職と一般職に分かれています)であり、国から給料やボーナス(その企業によって、支給する金額や支給額の算出基準は畭なっています)も支給されているのです。
気象大学校は気象庁の施設であり、気象庁の将来の幹部職員を養成するための大学です。
入学後4年間に渡って、気象についての専門知識や技術などに関する教育や訓練をうける事となります。
気象大学校は、気象庁職員にたいする研修を行う研修部と、将来の気象庁幹部職員を養成する大学部とに分かれていて、気象業務のエリートを育てる為の大学と言って過言ではないでしょう。
こういった気象大学校学生(学割がきくのが嬉しいですよね。
携帯電話料金なんかも安くなったりします)になるためには、人事院が実施している気象大学校学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)採用試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受検し、合格しなくてはいけません。
無事受かった後、気象大学校に気象庁職員として採用された事となり、国家公務員(日本の行政機関や特定独立行政法人に勤務する人、国家公務員法が適用される公務員を指します)としての身分が与えられるのです。
気象大学校の卒業後の就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先ですが、国家U種採用者と同等のレベルとして扱われます。
気象庁本庁や日本の至る所の気象台などに配属され、観測、調査、予報、研究といった気象業務に従事する事になるでしょう。
気象大学校学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)の採用試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の難易度は高く、倍率は毎年10倍程度の超難関の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)だと言われています。
けれど、将来、気象関係の仕事に就きたいと考えている方は、安定した公務員(不況になれねなるほど、希望者が増加します)と言う職業でもありますので、ぜひ挑戦してみては如何でしょうか