健康食品の選び方 > 腋臭の手術は色々種類がある?

腋臭の手術は色々種類がある?

近年、食生活の変化と一緒に、日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)の体質も徐々に変化してきました。
その中でも、腋臭に悩んでいる方は年々増えていて、腋臭の対策方法もそれに伴って同じく増えてきました。
制汗スプレーやクリームで臭いを抑えてたり、腋臭用の石鹸を使用して臭いを防いだり、腋臭の元となる汗腺や皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)腺などを除去する手術など、様々な対策法があります。
特に腋臭の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が重い人は、手術を受ける事が多いのです。
今の普通の腋臭の手術としてはあげられるのは、剪除法、切除法、インフォレーゼ法、電気分解法、マイクロレーザー法、超音波法です。
剪除法とは、脇の下の皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を数センチ切開し、皮膚をひっなんどもて、直接肉眼で確かめながら、一つ一つアポクリン汗腺を除去する方法になります。
この方法は今今、一番一般的におこなわれている手術法で、1つ一つ臭いの元となるものを除去するために再発率も低く、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)効果的だ手術法といわれています。
切除法でも剪除法と同様に患部を切開しますが、毛が生えている部分一帯の皮下組織をすべて除外する点が異なるみたいです。
この方法は、腋臭の手術の中で最も古い方法です。
皮膚(実は常在菌がいるそうです。
そう考えるとちょっと怖いかもしれません)ごと汗腺や皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)腺などを除去し、腋臭の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の元になるものを根こそぎ除去しますから、とても効果が期待出来る手術法と言えるでしょう。
しかし、脇の下の皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)をすべて切除してしまったりするので、傷跡が大きくなり、目立ってしまう事があります。
インフォレーゼ法とは、ホルマリン漬けにしてあるガーゼを患部に当てて電流を流し、臭いの元になるアポクリン腺(離出分泌腺とも呼ねれ、大汗腺や乳腺の分泌様式となっています)などの汗腺類の汗腺口を閉じる方法です。
これが電気分解法ともなれね、アポクリン腺(この汗腺から分泌する汗は細菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなります)やエクリン線などといった汗腺口に針を刺して、電流を流すことによって、汗の分泌口を塞いでしまいます。
マイクロレーザー法は、アポクリン腺(腋窩や外耳道、乳暈などに存在し、体臭の原因になる分泌液を出します)やエクリン線などの汗腺口に、直接レーザーを当てて臭いの元となる部分を破壊する方法です。
そして、患部に超音波を当て、腋臭の原因になる汗腺類を取り除くのが超音波法になります